これからフリーランスになろうとしている人へ!開業届のすすめ


2019年はパラレルワーカー(会社員+副業)を目指すべく、1月頭に開業届を提出してきました。それまでは、本業以外の時間はボランティア程度に手伝うようなことは行っていたのですが、今年からは本格的に稼働していこうかと考えています。

今回は、パラレルワーカーになるにあたり提出した開業届に関してまとめてみました。

開業届とは

開業届とは、個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類で、正式名称は「個人事業の開廃業届出書」です。

個人事業主になると、例えば、事業から生じた利益に対しては所得税が課され、事業規模が大きい場合は個人事業税も課税されます。
また、消費税の課税事業者に該当する場合には消費税の申告書を提出し納税する必要があります。

所得税・消費税は国税として税務署に、個人事業税は地方税として各都道府県税事務所に納める税金です。このため、それぞれの税務当局に対して個人事業主として開業することを報告する必要があります。
そのための届け出が開業届です。
開業届を提出すると、個人事業主の税金に関する案内が税務署から届きます。

税務署に対する届出を「個人事業の開廃業届出書」と言い、これが、いわゆる「開業届」にあたるものです。
都道府県税事務所に対する届出は「個人事業税の事業開始等申告書」と言います。
いずれの届出も、提出しない場合に罰則は定められておらず、特に後者の「個人事業税の事業開始等申告書」に関しては、確定申告をすると都道府県に自動的に通知がいくため、届出を提出しない方もいるようです。

開業届を出すメリット

私は、パラレルワーカーになろうと決めた時開業届をまず出すことにしました。

開業届を出す主な理由としては、青色申告で節税対策になるからということですが、他にもさまざまなメリットがあります。ここでは実際に開業届を出した私が開業届を出すメリットを説明します。

1.青色申告をすると節税対策になる

開業届を出そうと思った一番の理由がこれです。
白色申告でも経費の申請はできますが、青色申告にするとさらに節税効果があります。

そのためには「開業届」と「青色申告承認申請書」を出さなければいけなません。青色申告にすることで65万円の控除が受けられるので、かなりお得です。また、また家族に仕事を手伝ってもらう場合、例えば親を専従者にすることもできます。これで親に対する給与も経費として申請できることになります。

2.フリーランスなのに退職金がもらえる

私の場合、会社員も行っていますのでここはフリーランスの視点で考えた時の話になりますが、一般的にはフリーランスだから退職金はもらえないと思っている方が多いかと思います。

自分で事業をしているかわけですから退職金を払ってくれる人がいないと考えるのは当然でしょう。しかし、そうしたフリーランスのための退職金制度が用意されてます。

それが小規模企業共済制度です。これは役員を退職した時だけでなく、事業を廃止した時にも掛金に応じて共済金がもらえるという制度です。さらに掛金は全額、所得控除されますから税制上もお得です。こんなお得な制度があるのは知りませんでした。ただ納付期間が20年未満の場合は、受取額が掛金の合計額を下回ってしまいますので注意しましょう。

3.自分の屋号で仕事ができる

フリーランスになったのだからかっこいい会社名をつけたいと思いませんか?(笑)

実際には会社名ではなく屋号というのですが、自分の屋号をつけることができます。私も屋号をつけましたが、会社名を決めるような感覚でしたね。

名刺にもその屋号が書かれていると「独立したのかー」と気持ちも引き締まります。またこの屋号名で銀行の口座を作ることもできますので、仕事に関するお金はひとつの通帳にまとめられて便利です。私もすぐに屋号名で銀行口座を作りました。
(おすすめの銀行口座に関しては別記事でまとめたいと思います)

開業届の提出方法

「個人事業の開廃業届出書」は、国税庁のホームページからダウンロードするか、最寄りの税務署で受け取ることもできます。

提出期限は、原則として開業してから1か月以内となっています。
届けに必要事項を記入し、捺印した上で提出することで手続きが完了します。

私は、国税局のホームページや税務署にいって受け取るのが面倒に感じたのでそのほかに手段がないか探したのですが、開業free が非常に便利です。

「この書き方であっているかな?」など不安に思うこともあると思いますし、直接税務署に確認したり、電話をすることも少なくないかと思います。

また、せっかく書類を作成しても、記入漏れがあると修正しないといけないという面倒な自体を招きかねません。

開業freeを活用すれば、準備・作成・提出の簡単3ステップで書類作成完了。
何を書いたらいいか迷いがちな項目(例えば、職業・仕事の種類)も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけで完了します。

私は、ほんの5分で作成作業が完了してしまいました。
作成が完了したら、最寄りの税務署にいって提出を行うのみです。

最後に

開業届とは、事業をスタートしたことを税務署に申告するための書類だと解説しました。
届出を出さないことで罰則はありませんが、確定申告を行う前までに提出の必要があります。
このため、開業届と確定申告には大きな関わりがあります

確定申告に関して知りたい方は、下記の本がおすすめです。

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!  – 大河内 薫 (著), 若林 杏樹 (著)

漫画形式で進んでいき、税金の仕組みから節税・確定申告から仮想通貨の税の扱いまで簡単に理解することができます。

開業届を提出して青色申告もすることで、かなりの節税対策になります。
また屋号をつけることもできますので、個人の名前よりも信用されます。
新しくフリーとして働く方は、開業届を出して新しく仕事を始めるようにしてみましょう。