実際にフリーランスとして活動する私のおすすめ銀行口座

フリーランスが銀行口座を持つ理由

フリーランス の活動を始めたばかり人は、報酬をプライベートな口座に振り込んでもらっている人が多いかもしれません。

しかし、もし開業届を出して青色申告で節税したいと思うなら、「事業用」と「プライベート用」で口座は分けた方がメリットは大きくなります。

必ずしも分けなければいけないものではありませんが、後々「ビジネスを拡大したい」、「フリーランスとして頑張っていきたい」と思っている人であれば、なるべく早いうちに分けた方が何かとメリットが大きくなるのは事実。

では、なぜ口座を分けた方が良いのかについてまずは考えてみましょう。

  • ビジネスの財政状況が把握しやすくなる
    フリーランスが作成する帳簿は、当然ですがビジネス(事業)に関わる部分になります。そのため、もし通帳1つで経理をしようとすると、記帳された一つ一つのお金の出入りを「これは事業用」「これはプライベート用」と分ける必要があり、事業の財政状態がどのようになっているのか把握するのも難しくなります。また税理士に相談するときにも、ビジネスの部分だけを切り離した通帳を示した方がお金の出入りがよく分かって時間の短縮につながるでしょう。
  • 複式簿記の管理がしやすくなる
    フリーランス が個人事業主として開業届を出し、控除額の大きい青色申告を選択すると複式簿記の記帳が求められます。複式簿記では「事業主貸」「事業主借」という勘定科目で事業所得に関する取引と、それ以外の取引を明確に仕分けしなければなりません。そのため事業用とプライベート用で口座を分けた方がお金の移動が分かりやすくなるのです。青色申告を選択するなら、口座を分けるのは必須です。
  • クラウド型会計ソフトを利用するメリットを受けられる
    オンライン上で帳簿付けを行うクラウド型会計ソフトを導入すると、今まで難しいと思われていた青色申告の複式簿記も比較的、簡単に行えます。その際、手動で入力するのではなく、口座の取引内容を「同期」させて自動で記録される機能を使うとより便利です。口座にプライベートな内容が混在していると、この便利な機能も効果的に使うことができなくなるので、できるだけ分けた方が良いでしょう。
  • 税務調査のとき困る可能性がある
    白色申告、青色申告に限らず、納税している人は誰でも税務調査を受ける可能性があります。税務調査が入ると収支に関わる様々な証拠書類を提示する必要があり、通帳の内容もチェックされます。そのときプライベートな支出が混在していると事業用として計上していないか疑いの目をかけられやすくなり、他人に見られたくない私的な内容まで提示しなければいけなくなります。不要な疑いをかけられないためにも、また調査をスムーズに終わらせるためにも、事業用のお金の出入りをはっきりさせておいた方が良いのです。

フリーランスの銀行口座の選び方

それでは、どういった基準で銀行口座を選べばいいのでしょうか?ここでは、確認するべきポイントを順番に説明していきます。

振込手数料

よく振り込みをされる方は、振込手数料を重視しましょう。たとえ数十円程度の違いでも、何十何百回と繰り返せば無視できない金額になります。また、月に数回程度しか振り込まない方でも、要チェックです。銀行によっては(特にネット専業銀行)、「月に○回までは振込手数料無料」という銀行もあります。振込手数料は数百円程度かかりますから、年間を通すと数千円の節約になります。

銀行窓口

銀行の窓口(支店など)は、近くにあったほうが何かと便利です。ATMも併設されていますし、何かあったときにすぐに相談にいけます。銀行によっては、最寄りの支店でしか口座開設を受け付けてくれないこともありますので、最寄りの支店がどこにあるか調べておきましょう。

ATM

専業のフリーランスの方は、生活費も事業用の口座から引き出さなければいけません。そのため、ATMの利便性も考慮に入れておきましょう。近くにATMがたくさんあるほど利便性が高くなります。また、ATMの引き出し・預け入れ手数料も要チェックです。できるだけ手数料が安い(または無料)の銀行を選びましょう。お金お引き出すために、お金を使うのは誰だって嫌なものです。

ネームバリュー

当たり前ですが、銀行口座は振り込んでもらうためにクライアントに開示します。そのため、銀行口座はフリーランスの顔とも言えるでしょう。大手銀行などの知名度がある銀行のほうが、地方銀行やネット専業銀行よりも信頼性が上がります。とはいえ、極端に重視する必要はありませんので、頭の片隅においておきましょう。

借り入れ

お金を借り入れる予定のある方は、お金を借りやすい銀行に口座を開くとよいでしょう。大手銀行よりも地方銀行信用金庫のほうが借りやすいといわれています。事業用の口座で取引実績を作ることで、さらに借りやすくなるでしょう。預金額の大きさも重要です。

付加サービス

ビジネス向けの口座には、ビジネス用の付加サービスが提供されていることがあります。たとえば、楽天銀行の一括振込サービスなどです。すべてのフリーランスの方に必要というわけではないので、自分に必要なサービスがあるかチェックしてみましょう。

金利

現在は超低金利時代なので、あまりメリットにはなりませんが金利もチェックしておきましょう。金利は高いほどよく、特にデメリットはありません。預金を放置しておくだけで、毎月数十円~数百円程度の利息がつきます。

屋号

名義に屋号を入れられるかは重要です。個人用の口座では無理なので、ビジネス向けの口座でなければいけません。ビジネス向けの口座が作れる銀行を選びましょう。なお、口座開設には、開業届けや確定申告の控えなどが必要になります。

取引先の銀行

主要なクライアントの取引先銀行と合わせる、というのも一つの手です。同一の銀行同士の振込手数料はかなり安くなるからです。あなたが振込手数料を負担していなくても、クライアントには好印象でしょう。

ネットバンク対応

ネットバンクに対応した銀行なら、いちいち窓口やATMに行かなくても入金の確認ができます。ネット専業銀行はもちろん、大手銀行でも対応しています。また、振り込みもネットから簡単にできます。

セキュリティ

ネットバンクと聞くと、セキュリティを気にされる方が多いと思います。現在のネットバンクはセキュリティが極めて厳重なため、不用意な行動を取らなければ被害に会うことはほとんどありません。認証トークンスマホ認証など、セキュリティが充実している銀行を選びましょう。

会計ソフトとの連携

フリーランスは、確定申告のために帳簿をつけなければいけません。もちろん、銀行口座の取引も含まれます。一部の会計ソフト(MFクラウドなど)では、銀行の取引明細の自動取り込みに対応しています。自動取り込みに対応している銀行を選べば、記帳作業が格段に楽になります。

おすすめの銀行

フリーランスとして銀行口座を持つなら、ネット銀行がおすすめです。特に、現在私も利用してますが、ジャパンネット銀行がおすすめです。

では次に、実際にフリーランスの方が口座開設するのにおすすめのネット銀行について、「なぜネット銀行がいいのか?」「おすすめのネット銀行は?」といったことをご紹介していきます。

どのネット銀行にすればいいのか検討中の方は、是非参考にしてください。

ここではフリーランスにネット銀行がおすすめな理由を2つ紹介させて頂きます。

振込手数料が安い

まず1つ目の理由は「振込手数料が格安」ということです。

通常の銀行であれば、振込む際に数百円の手数料がかかります。
一度であればいいのですが、フリーランスをしている間はずっと振込みされる必要があります。

クライアントの方も、報酬の振込みにいちいち手数料を掛けることを避けたいと思うでしょう。

その点ネット銀行の場合には、

  • 指定されたコンビ二ATMの取引は手数料無料
  • 同じネット銀行との取引は手数料無料
  • 月に〇回までの取引は手数料無料

としているネット銀行が多く、手数料に余計なお金を取られずに済みます。特にネット銀行にしたくない理由がないのであれば、ネット銀行の口座の開設がおすすめです。

ネット上で管理できる

2つ目の理由は、「どこにいても口座管理ができる」ということです。

自分の持つ口座の管理をする度にいちいち銀行まで行く方もいる中、ネット銀行であれば「ネット環境があれば管理や取引ができる」とい点が便利です。

時間があまりなくて振込みに行けない時や、口座の残高を確認したい時などその都度スムーズに済ませることができるため、利便性がかなり高いと言えるでしょう。

住信SBIはフリーランスNG

ただ、ネット銀行の中でも住信SBIネット銀行についてはあまり優先度が高くありません。その理由は、「屋号が付けれない」というものです。私は住信SBIネット銀行を資産運用口座として利用しています。

屋号とは、「顧客に安心感をもたれやすい」のところで先述した「事業名+個人名」の事業名のことです。

屋号が付けれないということは、クライアントの方が安心できないということになるかと思います。

また、ネット銀行サービスが普及している今でも、ネット銀行であれば契約ができないというクライアントの方も見られます。

住信SBIは月に最大15回まで手数料が無料になるなどのメリットはありますが、これから紹介する3つのネット銀行の方が優先度は高いと言えます。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行はフリーランスの方にとって嬉しいサービスが充実しています。ジャパンネット銀行口座を開設するメリットは以下のようになります。

屋号付き口座を開設できる

屋号付き口座を開設できるという重要な条件をクリアしている上に、VISAデビットカードまで入手することができます。

無料でVISAデビットカードが発行される

VISAデビットカードは銀行口座残高以上の利用はできないものの、クレジットカードと同様に世界中のVISA加盟店で利用が可能です。

ペイジーの利用が可能

「ペイジー」という法人税や申告所得税といった様々な税金やカード利用料金、公共料金をその場ですぐに支払うことができるサービスを利用可能です。
忙しかったり、忘れていたりで納税にギリギリになって気づいた場合でも安心です。

30,000円以上の取引は手数料無料

振込み手数料に関しては他のネット銀行よりも手数料が掛かることが多いです。
ただ30,000円以上の取引に関してはずっと手数料無料です。
基本的に仕事では30,000円以上の取引しかしないという場合に、かなりお得になります。

貯まったTポイントを現金化可能

さらに、Tポイントが貯まるYahoo!Japanカードなどを利用している方にとって嬉しいサービスである「Tポイントの現金化」もジャパンネット銀行では可能です.
急な出費がある時や、ポイントを現金化して利用したいという場合にかなり便利なサービスですので、Yahoo!Japanカードとの相性は抜群でしょう。

楽天銀行

楽天銀行も、フリーランスの方が利用するネット銀行として大きな人気を誇ります。楽天銀行口座を開設するメリットは以下のようになります。

  • 楽天銀行のメリット屋号付き口座を開設できる
  • 月最大7回までATM取引手数料が無料
  • 月最大3回まで他行宛振込み手数料が無料
  • 楽天スーパーポイントが貯まる
  • 楽天証券と連携することで0.02%の金利が0.10%に

こちらもジャパンネット銀行と同様に、屋号付き口座を開設できるネット銀行の1つ。ただ、ジャパンネット銀行とは異なり取引手数料を無料にするチャンスが多く見られます。楽天銀行会員は、月の指定取引の回数や貯金額によって

  • ベーシック
  • アドバンスト
  • プレミアム
  • VIP
  • スーパーVIP

とランク分けされるのですが、このランクによってATM取引手数料は最大月7回まで、他行宛振込手数料が最大月3回まで無料になります。他行宛振込手数料に関しては、30,000円以上の取引であれば手数料は無料になるということも覚えておきましょう。

また、楽天銀行は様々な取引を行うことで「楽天スーパーポイント」を貯めることができます。楽天スーパーポイントは、

  • 取引手数料
  • プリペイドカードへのチャージ
  • デビットカードの支払い

等に使えるため、楽天銀行を利用している方は積極的にポイントを貯めると、よりお得に楽天銀行を利用できます。

さらに、楽天証券サービスと連携することで、通常0.02%の金利が5倍の0.10%まで上昇します。

金利が5倍になるというのはかなり大きな魅力であるため、そういった点も重要視している方にとってピッタリのネット銀行と言えます。

メガバンクのメリット・デメリット

フリーランスの方の中には、国内のメガバンクである

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行

といった銀行を利用している方もいます。

これらのメガバンクは、屋号付き口座を開設することもできます。

さらにその絶対的な信用の高さからクライアントの方からしても安心して取引できるというメリットが見られます。信用を重視して口座を選びたいというフリーランスの方にとってはピッタリでしょう。

しかしその反面、メガバンクは事業用口座を開設するまでが大変であり、人によっては長い時間が掛かったり審査に落ちてしまうこともあります。

特に最近では法人用口座の審査は厳しくなってきていると感じる方も多く、メガバンクを諦めてネット銀行口座を開設する方も珍しくありません。

審査が厳しい分、屋号付き口座を開設できたのであればその分高い信用を得ることができますが、フリーランス初心者の方や、ネット銀行のメリットを重視している方はネット銀行口座を持つ方がいいかもしれません。

まとめ

フリーランスの方にとって、「審査」という言葉はとても大きな壁。カード発行でも口座開設でも審査があるところはあり、それに身構えてしまう方もいるでしょう。

ただ、事業用口座というのはクレジットカードよりは開設しやすいですし、事業用口座を持つことのメリットの方が遥かに大きいと言えます。

フリーランスの方の中で、まだプライべートと一緒にしてしまっている方がいましたら、まずは今回紹介したおすすめ銀行の中から検討していただければよいかと思います。今回紹介したネット銀行は、フリーランス初心者の方でもそうでなくても、比較的敷居の低い銀行。不安に思わず、銀行口座開設について真剣に検討してみることをおすすめします。

事業用口座開設で、フリーランスの効率化を図りましょう!